ただ痩せるだけではダメ!健康的に痩せましょう!

僕が今実戦していることは、ただ痩せる為では無いのです。とにかく痩せれば良いと思っている人も少なくないと思いますが、それでは、栄養失調になったり、体に良くないことになってしまいます。僕がお薦めしたいのは、健康的に痩せると言うことです。僕の場合は逆で、健康を考えた結果痩せたと言うことです。

とれないならサプリメントで!

ここで、僕が使用しているサプリメントを紹介したいと思います!

DSC_1140

左から、クリルオイル、ビタミンE、ビタミンB3(ナイアシンアミド)、ビタミンC1000、キレート鉄36mg、ビタミンB50です!糖質を制限して、脂質をとるとケトン体を作り、エネルギーに変えてくれますが、更に、うつ消しご飯の作者の藤川先生が言われる様に、タンパク質とビタミンと鉄等の糖質以外の栄養素を十分にとれば、それでエネルギーを作ってくれるので、僕は、2つのエネルギー源を使って、効率よくエネルギーを脳に補給しています。そして、食べ物でこれらのビタミン等十分にとるのが難しいので、サプリメントを取り寄せて、飲んでいます。タンパク質もプロテインを取り寄せています。取り寄せているサイトを付けておきますので参考にしてみて下さい!コスパ的、種類豊富です。僕のお薦めサイトは

2つのエネルギーを使うには糖質制限が必要!

なぜ、2つのエネルギーは糖質制限しなければならないのでしょうか?

それは、糖質がエネルギーに変えやすいからです。逆に言うと、糖質をとれば、必ず、最初に糖質を使うからです。ただ、脂質やタンパク質等でエネルギーを作るよりも効率が悪く、すぐ切れてしまいます。そうすると、まだ十分に脳にエネルギーがいかないので、また、糖質をとるように指令が出されて、糖質をとろうとします。そして、糖質を過剰にとれば脂肪に蓄えるのです。体的に、筋肉と脂肪だと脂肪を好みます。なぜか?筋肉は重く、必要最低限あれば十分なのです。脂肪は、飢餓状態になった時に使えるので蓄え、必要になった時、使いたいので、せっせと蓄えるのです。これで、答えが見えてきましたね!簡単に言うと、糖質でエネルギーを送らなければ、脳が飢餓状態だと思うので、脂肪等で、エネルギーを作る様になるのです。筋肉をつけたい人は、日頃より重いものを持って、ここに筋肉必要だよと体に教えないと筋肉が大きくならないのです。

糖質制限を始めた時は、拒絶反応があるかも!

これは、僕の経験ですが、糖質を制限すると、精神的に安定したり、疲れにくくなると言うことだったので、始めてみると、直ぐには改善せず、脳の拒絶がすごく感じました。やり方が少し間違っていたのかもしれませんが、以前より怒りっぽくなったり、だるさを感じたり、直ぐにエネルギーがきれた感じがして、何か食べないとと思い、空腹を感じたら糖質以外の物を食べていました。僕は、この拒絶がなくなるのに、4ヶ月かかりました。その間、めげそうになりましたが、やはり信じる事が重要だと思いました。今は、以前より食べる量も減っているのに、疲れにくくなっていますし、エネルギーも直ぐにはきれません。お腹も空いても、気にならなくなり、頭も冴えて、イライラも殆ど改善されたと思います。今は、始めて良かったと思います。皆さんも、諦めずに、その先を信じましょう。以前も書いたように、皆さんの意志が弱いのではなく、脳がどうにか飢餓状態にならないために、あの手この手で、あなたに働きかけているだけです。その内、糖質がなくても良いと、脳も分かってくれるので、それまで信じましょう!

その結果、10年前のスーツが着れました。

仕事でたまにスーツを着ることがあります。半年前に着たときはウエストがきつくてフォックを外して、その上からベルトをする始末!そのスーツを、一昨日着てみると、フォックが簡単に締まり、更に、拳1つ分が入る位になってました!以前からウエストが減った事は分かってましたが、10年前以上になっている事に、実感と嬉しさが沸いてきました!

糖質を制限して、十分に栄養をとって、諦めずに、信じて、前に進みましょう。今度は脂質について話していきたいと思います。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

糖質制限中は、ビールより蒸留酒を!

お酒を呑むと、食欲が増し、いつもより食べてしまったり、呑むお酒によって、脂肪になったりします。だから、ダイエット中、糖質制限中にお酒を呑むことが負になってしまいます。ただ、僕もそうですが、1日の締めにお酒を楽しみにしている人は沢山いると思います。そこで、呑まないと選択するより、呑むものを代えれば、ダイエット中、糖質制限中でも呑めるお酒を紹介したいと思います!

糖質制限中に呑まない方が良いお酒

  • ビール
  • 日本酒
  • カクテル
  • チューハイ   など

糖質制限中にお薦めのお酒

  • 焼酎
  • ウイスキー
  • ウォッカ
  • 炭酸水で作ったハイボール   など

今日はこれで乾杯!

DSC_1148

僕も以前はビールしか呑みませんでした。ただ、今は糖質を制限しているので、白ワインに代えて、今は焼酎に挑戦してます!そして、ドンキホーテでチャミスルを探してたら、隣に258円(税別)のコスパが良いものを見つけました!成分見ると混ぜてある甘味料がステビア!なんと糖質制限してる人にはうれしいものです!思わず5本買ってしまいました。しばらくは、これで乾杯です!

更に、コストコで買って来ました!

1ヶ月に1回の自分へのご褒美です。すごく脂がのってて絶品!半分より下が脂分が多く、早めに、刺身で食べた方が良いとの事。賞費期限は後2日、期限以内に冷凍すれば1週間は解凍して刺身で食べれ、その後は加熱して食べれるみたいです!ただ、加熱するのはもったいないので1週間以内で刺身で食べたいと思います。この量で、約3600円です。高いと思うか、安いと思うか食べてみれば、その価値が分かると思います。だけど、毎回買える金額ではないのでご褒美なんです!試食もさせてくれるので、コストコ行ったら是非試食してみて下さい!

いかがでしたか?上手に糖質を制限して、なるべくストレスを溜めずに、食事を楽しみましょう。ただ、やはりお酒の呑みすぎには、注意しましょう。

最後まで読んで頂いて、有難うございました。

目的に対する考え方が結果を左右する!

皆さんの目的は何ですか?色々あると思います。痩せたいと思ってる方、健康になりたい方、僕みたいに精神的安定を求めてる方もいらっしゃると思います。そして、始めていくと、思うような結果が出なかったり、自分の意思が弱いと思って、いつも途中で諦めてしまっていませんか?

ここで質問です!本当にケトジェニックをやらなきゃいけないんでしょうか?

僕が言いたいのは、最初に持った目的は自分のしたい事だったのではないですか?それが、いつの間にか、やらなきゃいけない事になってしまっていませんか?結論から言うとやらなきゃいけない事は一つも無いと言うことです!痩せたいからやる、健康になりたいからやる、精神的安定が欲しいからやるのです。だから、本当はやりたいことなんです!やらなきゃと自分にプレッシャーをかけて前向きに考えればいいのですが、ほとんどが辛くなっていってしまうのです。そのようにならない為に、目的と目標は持つようにしましょう。そして、マイナスの思考になったら、まだ、脳に十分なエネルギーがまわって無いと思って、自分を責めないようにしましょう。そして、やらなきゃでは無く、やりたいと思えれば、その先を考えているので、辛くても頑張れると思います。180度考えを変えるのではなく、半分くらい変えることができれば、成功間違いないと思います。

ここで僕が朝、飲んでるバターコーヒーのレシピを紹介したいと思います。作るのは、簡単!僕が使っている物も、紹介しますね!

  • ①コーヒーをいれる。(僕は、その辺に売ってるインスタントコーヒーを使用)
  • グラスフェッドバター(僕はギー)を小さじ大目に1杯入れる。
  • MCTオイルを小さじ大目に1杯入れる。
  • ④お湯を入れ、カプチーノメーカーで攪拌させる。
  • ※僕はブラックコーヒーが苦手なので、エリスリトール(糖質0)(別名:ラカント)を小さじ3杯入れてます。

たったこれだけで、クリミーなバターコーヒーの出来上がりです。

皆で、朝活しませんか?バターコーヒーを飲んで、自分の脂肪を燃焼させてエネルギーを作りましょう!コーヒーを時間かけて飲むのもオツですよ!

最後まで読んで頂いて有難うございました。

ダイエットが失敗するのは意志が弱かった訳ではなかった!糖質が原因だった!

失敗するのは皆さんの意志が弱いわけではなく、糖質をとっていると、エネルギー源は糖質になります。ただ、効率が悪く、またすぐに脳から糖質をとるように指令がきます。飢餓ですよって。負のスパイラルになる訳です。糖質を少しずつ制限していくと、ケトン体やビタミン、タンパク質、鉄でエネルギーを作るようになり、徐々に脳が飢餓状態ではないと思うようになります。僕も最初は糖質を食べなきゃいけないとか量を減らしすぎてはいけないと思っていましたが、それが今までの食生活なので脳がそうさせていたのだと思います。脳と上手く付き合えば必ず成功します!

そして、少し考え方を変えるとやる気が変わってくると思います。それは、やらなきゃいけないと思ってしまうと辛くなってしまうのです!痩せなきゃいけない→痩せたいに変え、目的、目標を明快にすると、モチベーションが保てると思います!

後は、信じる事です!以外と、重要です。脳は錯覚するものです。半信半疑で進めるより、信じてやった方が効果が変わってきます。これも、僕の体験談です!

ここで、僕の4ヶ月前と今の食生活を紹介したいと思います!

4ヶ月前の食生活は

朝:食パンに砂糖3杯のコーヒー

出勤後:お菓子、菓子パン、お握り

昼食:お米と冷凍食品4品

夕飯:ビール1リットルと出された夕飯(炭水化物中心)、お菓子

この時の体重は62キロ!

2ヶ月前の食生活は

朝:砂糖からエリスリトールに変え、MCTオイルを加えたバターコーヒーに茹で玉子1個から2個、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC

出勤後:プロテイン、アーモンド等のナッツ、菓子パン、お握り等

昼食:チーズ、魚肉ソーセージ、カカオ70%のチョコレート

夕飯:ビールか白ワイン、出された夕飯(肉、魚中心)、お菓子、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC、鉄材

この時の体重は60キロ!

今の食生活は

朝:砂糖からエリスリトールに変え、MCTオイルを加えたバターコーヒー、ビタミンE、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC

出勤後:12時位までファスティング!

昼食:チーたら、魚肉ソーセージ、プロテイン

夕飯:白ワイン、出された夕飯(肉、魚中心)、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC、鉄材、クリルオイル、時々お菓子

今の体重は54キロ弱!

これが僕の今の体です!(因みに、39歳です。笑)

DSC_1132
DSC_1155

食生活を変えると、今の体の蓄積があるため体の拒否反応があります。ただ、必ず慣れてきます!もし、その拒否反応に負けてしまっても落ち込まないでください!脳が飢餓だと認識しただけなので、また次の日に挑みましょう!

僕の食生活を参考にして頂けたら幸いです!今度はバターコーヒーの作り方やサプリメントの紹介をしていきたいと思います!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

糖質制限はダイエット効果だけでは無かった!

僕が始めたきっかけは、ダイエットをしたかった訳では無く、精神的に不安定で、何をしても、何処か楽しめてない感じでした。その頃、親友に薦められた本が「うつ消しご飯/著:藤川徳美」でした。そして、本を読んで僕なりに実践してみました。最初は、僕も皆さんが思ってしまう糖質制限できるかな?でした。でも、精神的安定を求めたかったので、紹介されているサプリメントを飲み、糖質を抑える食事に、少しずつ変えていきました。今は糖質をある程度制限でき、サプリメントを欠かさず飲んでいるので、以前より精神的に安定していると思います。そして、僕は、色々調べるのが好きなので、調べていくうちに、「最強の食事/著:デイヴ・アスプリー」と「ケトン体が人類を救う/著:宗田哲男」に出会い、知識を深め実践していったのです。

以前の常識が、今の常識では無かった事実

色々調べるうちに、面白い事が分かってきました。

  • 糖質でエネルギーを作ると効率が悪い事。それよりも、ビタミンとたんぱく質と鉄等でエネルギーを作った方が効率が良い事!
  • ヘルシーと言われていた植物性油は、酸化が早い為、 摂取すると皮膚が硬くなり老化現象を引き起こす事。今まで敬遠されていたバターやラードの動物性油の方が、酸化しにくく、吸収が良い事!
  • 朝食はしっかり取らなきゃいけない事は無い事!
  • 野菜中心の食事はヘルシーで体に良いと思い込んでいる事。それよりも、肉、魚中心に食べ、野菜を食べた方が体にいい事!
  • カロリーを抑えるカロリー制限よりも、糖質を抑える糖質制限にした方が、体は元気になる事!
  • ケトン体は体に悪くない事!
          

糖質を制限して、たんぱく質、ビタミン、鉄を良く摂ると・・・良い事ばかり!

食生活を変えると、体に何が起こるのか?

  • 眠くならずに、頭がさえる!
  • 頭の回転が速くなる!
  • 集中力が上がる!
  • 慣れると、お腹が空かなくなる!
  • がんになり難くなる!
  • 血糖値が下がる!
  • 体重が減る!
  • 体が軽くなり、体が良く動く!
  • 精神疾患になり難くなる!
  • 体調不良になり難くなる!
  • 神経痛が緩和し易くなる!
  • 幸せを感じるようになる!

いかがですか?皆さんの常識が覆ったと思います。是非、糖質を制限して、体、精神、体型、本当の健康になりましょう。でも、皆さんは「じゃあ、何食べればいいのよ~」て思うかもしれません。今後、何を食べればいいか実践していることも交えて、紹介したいと思います!

最後まで読んで頂いて、有難うございました。

ケトジェニックダイエットってなんなの?

ケトジェニックダイエットとは何をどうすれば良いかと思う人の為に簡単に説明します。糖質を限りなく制限することにより、体が脂質でケトン体と言うものを作り出し、エネルギーに変えてくれるものです。その時に、自分の脂肪も燃焼してくれるので、その効果を利用したのがケトジェネリックダイエットです。

糖質制限するのはちょっと・・・

この話をして糖質制限を勧めると、必ずと言って言われるのが、大好きなご飯を食べないのは我慢が出来ないです。でも始めたときは僕もそうでした。はじめは、まず朝ごはんの食パンを減らし、その代わりにゆで玉子を食べてコーヒーをのんでいました。そして、最悪な事に僕はブラックコーヒーが飲めなかったので、今までは砂糖を3杯入れて入たのですが、糖質0のエリスリトールを購入し、朝だけでも糖質を制限して、体に慣れさせていきました。そして徐々に、お腹空いた時は、 たんぱく質を食べることにしました。

糖質制限して体はおかしくならないか?

糖質はもともとエネルギーに変えやすいものです。ただ効率が悪く、すぐにエネルギーを使ってしまい、またエネルギーを補給しようと、また、糖質をとるように脳から支持が出ます。そして、簡単ですが、糖質過度にとると脂肪に変えて貯蔵します。これを繰り返すと太る事になります。人は筋肉と脂肪どちらを好むかというと、脂肪です。生命維持の為に使うからです。そして、筋肉は必要最低限しかいらないのです。それに比べ、ケトン体をエネルギーに変えたときは、糖質でエネルギーを作るよりも効率が良く、驚く事に、慣れると、お腹はあまり空かずに、集中力がアップし、頭が冴えてきます。僕の結論は、僕らの食べ物には糖質が含まれています。少しでも糖質を制限してケトン体を作った方が、逆に調子が良いです。ただ、体が慣れるまでは、おそらく脳だと思いますが、調子が悪い気がして食べなければいけない気になってきます。

今後は、僕が始めたきっかけや、今までの常識が常識ではなくなってきている事を、お話していこうと思います。

読んで頂いて有難うございました。

夏目前!今からでも間に合うダイエット法

まさかこんなに体重が落ちるとは思わなかった。最初の2ヶ月で2キロ、その後の2ヶ月で7キロ、減り方が病気になったかと思う程だったのであせったが、実は体の仕組みを上手く使った方法だと分かった。

その方法は今話題のケトジェニックダイエット

糖質を制限して、十分なたんぱく質とビタミンそして良質な脂質を取る事。お腹周りがすっきりして、精神的、体調的に調子がよくなる。

な、な、な、なんと腹筋が・・・・・

運動無しで、腹筋が割れて、体が逆三角形に生まれて初めてなりました。思わず鏡の前では自分の体に見惚れてしまうほど。こんな効果が出るとは、夢にも思ってなかったです。

今後、この奇跡を順を追って詳しくお伝えしていこうと思います。

読んで頂いて有難うございました。