ダイエットが失敗するのは意志が弱かった訳ではなかった!糖質が原因だった!

失敗するのは皆さんの意志が弱いわけではなく、糖質をとっていると、エネルギー源は糖質になります。ただ、効率が悪く、またすぐに脳から糖質をとるように指令がきます。飢餓ですよって。負のスパイラルになる訳です。糖質を少しずつ制限していくと、ケトン体やビタミン、タンパク質、鉄でエネルギーを作るようになり、徐々に脳が飢餓状態ではないと思うようになります。僕も最初は糖質を食べなきゃいけないとか量を減らしすぎてはいけないと思っていましたが、それが今までの食生活なので脳がそうさせていたのだと思います。脳と上手く付き合えば必ず成功します!

そして、少し考え方を変えるとやる気が変わってくると思います。それは、やらなきゃいけないと思ってしまうと辛くなってしまうのです!痩せなきゃいけない→痩せたいに変え、目的、目標を明快にすると、モチベーションが保てると思います!

後は、信じる事です!以外と、重要です。脳は錯覚するものです。半信半疑で進めるより、信じてやった方が効果が変わってきます。これも、僕の体験談です!

ここで、僕の4ヶ月前と今の食生活を紹介したいと思います!

4ヶ月前の食生活は

朝:食パンに砂糖3杯のコーヒー

出勤後:お菓子、菓子パン、お握り

昼食:お米と冷凍食品4品

夕飯:ビール1リットルと出された夕飯(炭水化物中心)、お菓子

この時の体重は62キロ!

2ヶ月前の食生活は

朝:砂糖からエリスリトールに変え、MCTオイルを加えたバターコーヒーに茹で玉子1個から2個、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC

出勤後:プロテイン、アーモンド等のナッツ、菓子パン、お握り等

昼食:チーズ、魚肉ソーセージ、カカオ70%のチョコレート

夕飯:ビールか白ワイン、出された夕飯(肉、魚中心)、お菓子、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC、鉄材

この時の体重は60キロ!

今の食生活は

朝:砂糖からエリスリトールに変え、MCTオイルを加えたバターコーヒー、ビタミンE、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC

出勤後:12時位までファスティング!

昼食:チーたら、魚肉ソーセージ、プロテイン

夕飯:白ワイン、出された夕飯(肉、魚中心)、ビタミンB群、ナイアシンアミド、ビタミンC、鉄材、クリルオイル、時々お菓子

今の体重は54キロ弱!

これが僕の今の体です!(因みに、39歳です。笑)

DSC_1132
DSC_1155

食生活を変えると、今の体の蓄積があるため体の拒否反応があります。ただ、必ず慣れてきます!もし、その拒否反応に負けてしまっても落ち込まないでください!脳が飢餓だと認識しただけなので、また次の日に挑みましょう!

僕の食生活を参考にして頂けたら幸いです!今度はバターコーヒーの作り方やサプリメントの紹介をしていきたいと思います!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

糖質制限はダイエット効果だけでは無かった!

僕が始めたきっかけは、ダイエットをしたかった訳では無く、精神的に不安定で、何をしても、何処か楽しめてない感じでした。その頃、親友に薦められた本が「うつ消しご飯/著:藤川徳美」でした。そして、本を読んで僕なりに実践してみました。最初は、僕も皆さんが思ってしまう糖質制限できるかな?でした。でも、精神的安定を求めたかったので、紹介されているサプリメントを飲み、糖質を抑える食事に、少しずつ変えていきました。今は糖質をある程度制限でき、サプリメントを欠かさず飲んでいるので、以前より精神的に安定していると思います。そして、僕は、色々調べるのが好きなので、調べていくうちに、「最強の食事/著:デイヴ・アスプリー」と「ケトン体が人類を救う/著:宗田哲男」に出会い、知識を深め実践していったのです。

以前の常識が、今の常識では無かった事実

色々調べるうちに、面白い事が分かってきました。

  • 糖質でエネルギーを作ると効率が悪い事。それよりも、ビタミンとたんぱく質と鉄等でエネルギーを作った方が効率が良い事!
  • ヘルシーと言われていた植物性油は、酸化が早い為、 摂取すると皮膚が硬くなり老化現象を引き起こす事。今まで敬遠されていたバターやラードの動物性油の方が、酸化しにくく、吸収が良い事!
  • 朝食はしっかり取らなきゃいけない事は無い事!
  • 野菜中心の食事はヘルシーで体に良いと思い込んでいる事。それよりも、肉、魚中心に食べ、野菜を食べた方が体にいい事!
  • カロリーを抑えるカロリー制限よりも、糖質を抑える糖質制限にした方が、体は元気になる事!
  • ケトン体は体に悪くない事!
          

糖質を制限して、たんぱく質、ビタミン、鉄を良く摂ると・・・良い事ばかり!

食生活を変えると、体に何が起こるのか?

  • 眠くならずに、頭がさえる!
  • 頭の回転が速くなる!
  • 集中力が上がる!
  • 慣れると、お腹が空かなくなる!
  • がんになり難くなる!
  • 血糖値が下がる!
  • 体重が減る!
  • 体が軽くなり、体が良く動く!
  • 精神疾患になり難くなる!
  • 体調不良になり難くなる!
  • 神経痛が緩和し易くなる!
  • 幸せを感じるようになる!

いかがですか?皆さんの常識が覆ったと思います。是非、糖質を制限して、体、精神、体型、本当の健康になりましょう。でも、皆さんは「じゃあ、何食べればいいのよ~」て思うかもしれません。今後、何を食べればいいか実践していることも交えて、紹介したいと思います!

最後まで読んで頂いて、有難うございました。

ケトジェニックダイエットってなんなの?

ケトジェニックダイエットとは何をどうすれば良いかと思う人の為に簡単に説明します。糖質を限りなく制限することにより、体が脂質でケトン体と言うものを作り出し、エネルギーに変えてくれるものです。その時に、自分の脂肪も燃焼してくれるので、その効果を利用したのがケトジェネリックダイエットです。

糖質制限するのはちょっと・・・

この話をして糖質制限を勧めると、必ずと言って言われるのが、大好きなご飯を食べないのは我慢が出来ないです。でも始めたときは僕もそうでした。はじめは、まず朝ごはんの食パンを減らし、その代わりにゆで玉子を食べてコーヒーをのんでいました。そして、最悪な事に僕はブラックコーヒーが飲めなかったので、今までは砂糖を3杯入れて入たのですが、糖質0のエリスリトールを購入し、朝だけでも糖質を制限して、体に慣れさせていきました。そして徐々に、お腹空いた時は、 たんぱく質を食べることにしました。

糖質制限して体はおかしくならないか?

糖質はもともとエネルギーに変えやすいものです。ただ効率が悪く、すぐにエネルギーを使ってしまい、またエネルギーを補給しようと、また、糖質をとるように脳から支持が出ます。そして、簡単ですが、糖質過度にとると脂肪に変えて貯蔵します。これを繰り返すと太る事になります。人は筋肉と脂肪どちらを好むかというと、脂肪です。生命維持の為に使うからです。そして、筋肉は必要最低限しかいらないのです。それに比べ、ケトン体をエネルギーに変えたときは、糖質でエネルギーを作るよりも効率が良く、驚く事に、慣れると、お腹はあまり空かずに、集中力がアップし、頭が冴えてきます。僕の結論は、僕らの食べ物には糖質が含まれています。少しでも糖質を制限してケトン体を作った方が、逆に調子が良いです。ただ、体が慣れるまでは、おそらく脳だと思いますが、調子が悪い気がして食べなければいけない気になってきます。

今後は、僕が始めたきっかけや、今までの常識が常識ではなくなってきている事を、お話していこうと思います。

読んで頂いて有難うございました。

夏目前!今からでも間に合うダイエット法

まさかこんなに体重が落ちるとは思わなかった。最初の2ヶ月で2キロ、その後の2ヶ月で7キロ、減り方が病気になったかと思う程だったのであせったが、実は体の仕組みを上手く使った方法だと分かった。

その方法は今話題のケトジェニックダイエット

糖質を制限して、十分なたんぱく質とビタミンそして良質な脂質を取る事。お腹周りがすっきりして、精神的、体調的に調子がよくなる。

な、な、な、なんと腹筋が・・・・・

運動無しで、腹筋が割れて、体が逆三角形に生まれて初めてなりました。思わず鏡の前では自分の体に見惚れてしまうほど。こんな効果が出るとは、夢にも思ってなかったです。

今後、この奇跡を順を追って詳しくお伝えしていこうと思います。

読んで頂いて有難うございました。