本当の笑顔は口ではなく、眉間だった。

この前、テレビで女優の石田ゆり子さんが、笑顔は口元だけではなく眉間で笑うと言っていた。だから夜に眉間のシワを伸ばしているそうです。それを聞いて、眉間に意識をすると、眉間にシワを寄せないで鏡を見ると、眉尻が上がり印象が良くなる事が分かりました。そして、眉間にシワを寄せずにいると心も穏やかにいれる事も分かりました。

笑顔の子供は、眉間にシワがない!

子供の顔を観察していると、やはり眉間にシワがなく、屈託なく笑うので気持ちが良くなります。いつから眉間にシワをつくって来たのかと考えさせられました。

イライラしたときほど眉間に意識し、手で伸ばす。

イライラしたり、辛くなるとすると眉間にシワがよりやすくなります。その時は、手で伸ばして笑顔を作りましょう。そうすると、気持ちが落ち着き、周りも気持ちよくなると思います。

辛いとき程笑う。

この言葉は今まで理解出来ませんでしたが、眉間の話を聞いてから何となく府に落ちました。これからも眉間に意識をして笑顔でいたいと思います。

いかがでしたか?大人になるといつも難しい顔になりがちですが、眉間に意識をして、できるだけシワを寄せずにいれば、自分も周りも気持ちよく過ごせると思いますよ!

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です