ケトジェニックには脂質(脂肪酸)が重要!

今回は脂質についてお話しようと思います。皆さんは、脂質と聞いて何を浮かべるでしょうか?サラダ油やラード、バターなんかでしょうか?実は、この脂質には、色々と種類があって、とるものによって体の影響が違ってきます。ケトジェニックは糖質を制限しますので、この脂質がエネルギーになるので、脂質が、重要になるのです!では、どんな種類があるのか見ていきましょう。まずは大きく分けて2つに別れます。それは、

  • 飽和脂肪酸-二重結合が無い
  • 不飽和脂肪酸-二重結合がある

なんか聞いた事無いですか?ただ、何がどっちでと理解されている人は少ないんではないでしょうか。実は、両方体には必要になってきます。では、一つづつ見ていきましょう。

飽和脂肪酸とは

バターやラードのような動物性に多く含まれ、酸化しにくく、安定しているので、この脂肪酸からエネルギーとして使われます。中には植物性のものもありますが、やはり、積極的に動物性脂質をとるようにしたいものです。実は、MCTオイルもこれです!

不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸は植物油や魚油に多く含まれています。更に不飽和脂肪酸は2つに分ける事ができます。

  • 一価不飽和脂肪酸-二重結合が一つ
  • 多価不飽和脂肪酸-二重結合が二つ以上

一価不飽和脂肪酸はオリーブオイル等に多く含まれます。体に良く、ヘルシーですが、酸化はしやすい。

多価不飽和脂肪酸はオメガ3やオメガ6のようなものがそれです。魚油に多く含まれるDHAやEPAがあります。DHAやEPA等は臓器の修復等にも役立つと言われているのでとりたい所です

トランス酸も聞いた事があると思いますが、天然にあるものであれば良いのですが、加工中にできたものは、中々のくせものです。マーガリンやショートニングに含まれているものは良く無いとされています。避けたいものです。

脂肪酸には長さがあった!

  • 短鎖脂肪酸-吸収がめっちゃ早い
  • 中鎖脂肪酸-吸収が早い
  • 長鎖脂肪酸-吸収が遅い

短鎖脂肪酸はバター等の酪酸

中鎖脂肪酸はMCTオイル等

長鎖脂肪酸はサラダ油等

だから、朝食はバターコーヒーが一番!

見ていただいたように、バターは短鎖脂肪酸、MCTオイルは中鎖脂肪酸で吸収が早く、飽和脂肪酸で酸化しにくいので、急速にエネルギーに使えるので持ってこいです。

夜はクリルオイルで臓器回復!

僕が夜飲んでるクリルオイルのサプリメントは、DHAやEPAが入っているため、臓器を寝てる間に修復して、目覚が良くなります。アスタキサンチンも入っていて、眼にも良いです。是非、試してみて下さい!

酸化した油は注意!

酸化しやすい脂質は、注意が必要です。酸化した脂質をとると、皮膚がかたくなり、老化が進んでしまうので気をつけましょう!

まとめ

少し難しくなってしまったので、簡単にまとめると、なるべく、短鎖、中鎖脂肪酸を、そして、酸化のしにくい脂質を選び、調理方法も気にして、体の修復に役立つ脂質もとるようにしましょう。

いかがでしたか?脂質だけでも色々あることがわかりました。とるべきものととらない方が良いものを分けてしっかりとるようにしましょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

「ケトジェニックには脂質(脂肪酸)が重要!」への2件のフィードバック

  1. 研修中で食生活を変えて見ようと思っています。とりあえず炭水化物はなし、極力控え、肉、魚中心で。
    勝さんのススメてるギーは普通のバターとどう違うんですか?
    MCTオイルは通販以外に売ってますか?

    1. 僕が使っているのは、グハスフェッドギーは牧草だけで育ててる牛からで、穀物で育ててる牛より良質です。MCTオイルは、仙台勝山館のMCTオイルが市販されてると思います。僕は北のエースで2400円くらいで初め買いました。360ミリリットルでこの値段だったでコスパを考えてブログで紹介した所にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です